未病と不定愁訴は、気のせいなのか病気なのか? | 自律神経失調症を知って諦めない - すこやかに過ごす

未病と不定愁訴は、気のせいなのか病気なのか?

数年前から、「未病」や「不定愁訴」という症状名を

耳にする事が多くなりました。

おなかが痛い、頭が痛い、肩がこる、目が疲れるなどの病気の症状があって、

病院で診てもらい検査をしても異常はないけれど、

症状は治まらないまま続く状態を「未病」や「不定愁訴」とよぶことが多いです。

未病や不定愁訴は気のせい?

確かに身体に具合の悪いところがあるのに、

検査をしても異常がないので、

医者から

「気のせいではないですか?」とか

「疲れているのでしょう」などと言われて、

頭痛には頭痛薬、下痢には下痢止めの薬のように

その時に出ている症状を抑えるための薬を処方されて、

「では、お大事に」と

納得したようなしないような、

モヤモヤした診察で終わってしまいます。

もしかしたら、このような身体の状態は、気のせいではなく、

小さなストレスや日ごろの疲れなどが原因で、

自分の中のホルモンや自律神経のバランスが崩れて

身体に不調が出ているのかも知れません。

そんな症状が出てきた時や、ちょっと疲れたと感じた時には、

外に出て散歩してみる。

軽いストレッチをしてみる。

友達とおしゃべりをする。

など、自分の身体と心が気持ちいいと思えることをして

気分転換してみませんか?

大きく深呼吸するだけでも気分は変わってきます。

心身ともリラックスして、ゆっくり休むことを心がけてみましょう。

※ストレス状態になると、他にどんな症状が現れるのでしょう?
こちらの記事でお話していますので、ぜひご覧ください。
>>ストレス状態の兆候とは?

ももあに相談する

>>ももあへのお問い合わせはこちら
 ※原則、48時間以内にお返事します。お気軽にどうぞ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする