太陽の光を浴びてセロトニンやビタミンDを増やしましょう | 自律神経失調症を知って諦めない - すこやかに過ごす

太陽の光を浴びてセロトニンやビタミンDを増やしましょう

目覚めたら、まずカーテンを開けて、太陽の光を浴びてみませんか。

太陽の光を浴びると、脳内の神経伝達物質であるセロトニンが自律神経に働きかけ交感神経を刺激します。

このことにより、体とともに脳が目覚めるのです。

神経伝達物質が衰えると、自律神経失調症やうつ病を引き起こしやすくなるため、

うつ病などを予防するためにも、太陽の光を浴びて、

セロトニンの働きを促すことが重要になるのです。

太陽ビタミン

また、太陽が放つ光には紫外線B波があります。

この紫外線B波はビタミンDを生成するのに役立ちます。

ビタミンDはカルシウムの吸収を促しますので、骨を健康に保ちます

このため、太陽の光は「太陽ビタミン」とも呼ばれています。

おまけに、細胞の老化を防ぎ、血管の機能や免疫力の働きを助けるので、

感染症などの病気を予防するのにも役立ちます。

外で遊んでいる子どもは風邪をひきにくいと言われているのは、
このようなことがあるからかも知れませんね。

抗ガン作用がある?

ビタミンDを増やして保つことにより、抗ガン作用などの働きがあり、
乳がんなどは生存率が高まるのではないかと言われています。

私は一時期、夕方からの仕事についていたことがあります。

数年経ったある日、「朝の光を浴びる生活に戻さなければ健康に問題が起こる」と焦ったことがあります。

きっと、無意識に身体が感じていたのでしょう。

もしかして、その時の影響で、自律神経の乱れが治らなかったり、

がんになったのでは?なんて思うこともあります。

平等に与えられている恵み

太陽の光は、みんなに平等に、しかも無料で与えられている自然の恵みです。

早寝早起きをして、朝はカーテンや窓を開けて太陽の光を浴びる。

このちょっとした積み重ねで元気になっていくのですね。

これを利用しない手はないですよ。

セロトニンは質の良い睡眠にも役立ちます。

詳細はこちらの記事をどうぞ

>>睡眠の質を上げて認知症予防