ストレスが減り美容にも効果絶大の笑顔力 | 自律神経失調症を知って諦めない - すこやかに過ごす

ストレスが減り美容にも効果絶大の笑顔力

ストレスや疲れが溜まった時は、楽しいことがあっても
楽しめなく、笑えなくなったりしますよね。

でも、そんな時こそ、笑顔をつくってみませんか。

はい!笑ってみてください。

作り笑いで大丈夫です。

ほら、何となく楽しい気分になってきましたよね。

そんな魔法のような笑顔にはどんな力があるのでしょうか。

幸せホルモンのエンドルフィンが分泌される

笑顔をつくることによって、
目の周りの筋肉と頬骨のすぐ下の筋肉が刺激されて、
脳が楽しいと認識するのです

それにより、モルヒネより強い鎮静作用があると言われている
脳内物質のエンドルフィンという幸せを感じる神経伝達物質が分泌されます

幸せを感じると気分が高揚しますので、ストレスも抑えられます。

また、エンドルフィンは辛さや痛みを抑えようとするので、
痛みなどに打ち勝つために免疫力を高めようと働きます。

中でも、ベータエンドルフィンには免疫細胞を活性化させる作用があります。
ベータエンドルフィンが多く分泌されることにより、免疫力が高まるのです。

なお、幸せを感じる脳内物質にはエンドルフィンのほか、
セロトニンやアドレナリンなど約20種類があると言われています。

NK細胞が活性化される

笑いにより脳内のエンドルフィンが分泌されると免疫細胞が活性化されます。

特にNK(ナチュラルキラー)細胞が活性化され、血流の流れが良くなり、
自然治癒力が高まります

NK細胞とは、私たちの体に備わっている自然免疫のひとつです。

自然免疫とは、細胞やウイルスなどの病原菌が体内に侵入した時に
最初に病原菌に対応するものです。

自然免疫の中のNK細胞は、ウイルスなど敵を見つけ次第、
攻撃をしかけるリンパ球の一種で、
がん細胞を除去する重要な役割を担っています。
常に体内をパトロールし、闘う体制にはいっています。

そんな強い免疫細胞が活性化されることによって、
免疫力や自然治癒力も高まるのです

α波が増加

笑いは脳内のα波が増加します

α派は心身がリラックスして、集中力が高まっている時に出るので、
笑いにより、緊張状態がほぐれると、ストレス解消に役立ち、
心も落ち着いてきます。

自律神経のバランスを整える

笑いには自律神経のバランスを整える効果が期待できます。

ストレスが溜まっている状態は、交感神経が優位に働いていることが多いので、
自律神経のバランスが整うと、副交感神経の働きを活性化します。

副交感神経の働きが活発になると、心身ともリラックスした状態になり、
ストレスも減ります。

美容にも意外な効果が

笑顔をつくると表情筋という顔の筋肉がゆるみます。

しわやたるみは、顔の筋肉がこわばり硬くなることにより、
肌の弾力が失われておこります。

笑顔で顔の筋肉を鍛えると、しわやたるみの予防になるかも知れません。

人間関係も良好に

誰かに話しかけられたとき、笑顔で話しかけてきた人と、
仏頂面で話しかけてきた人とでは、
どちらの人と話したいと思いますか?

笑顔があれば、多少、言葉が通じなくても、
なんとなくコミュニケーションが取りやすくなります。

それに、笑顔で口角が上がっている人や、赤ちゃんは、
幸せそうで素敵じゃないですか?

辛い時やストレスが溜まっている時こそ、笑顔で乗り切っていきましょう。

※笑顔の他に、ストレスを解消するために重要なことがあります。
こちらの記事でお話していますので、よろしければご覧ください。
>>ストレス解消のポイント