体内時計のしくみがノーベル医学生理学賞を受賞 | 自律神経失調症を知って諦めない - すこやかに過ごす

体内時計のしくみがノーベル医学生理学賞に

2017年のノーベル医学生理学賞を「体内時計」のメカニズムを発見した
米国人科学者3人が受賞しました。

私の勉強不足で、体内時計の仕組みは既に、科学的に認められているもので、
既に公に周知されている研究だと思っていました。

だから、今回、ノーベル医学生理学賞に決まったと知って、
今更?と思ってしまいました。

失礼な話ですよね。。。すみません。

体内時計とは?

体内時計とは、約24時間の周期で生物の体内のリズムを刻んでいるしくみで、
サーカディアンリズム(概日リズム)と呼ばれ、ほぼすべての生物に備わっています。

朝になると目が覚めて、夜になると眠くなるのも体内時計の働きによるもので、
体内時計が乱れると、睡眠不足などの睡眠障害や免疫力の低下にもつながります。

体内時計は、昼夜逆転した生活を送る、時差がある場所への移動が続き時差ボケをおこす、
勤務時間が不規則などの原因によって起こりやすくなります。

心身の不調は体内時計の乱れと言われるように、自律神経失調症やうつ病の人は、
睡眠障害があらわれやすく、体内時計が乱れている傾向にあります。

考えてみると、そりゃそうかな?と思います。

だって、体調が悪く気力がおこらないことが続くと、
自分の中で規則正しい生活を送っていると思っていても、
ちゃんと同じ時間に起きて窓を開ける元気や、部屋から出る気力もなくなります。

また、ずっと外に出ない生活をしていると、
どんどん気分が落ち込んでしまったって経験はありませんか?

普段、意識していない体内時計は、自然に自分の中に溶け込んでいて、
意識していないだけに乱れたかどうかなんて感じられません。

少しずつ乱れてきた体内時計は、それが続くと大きな乱れにつながります。

いったん乱れた体内時計を戻すには、約1日必要と言われていますので、
体内時計が乱れた状態が長く続くと、ますます心身に不調がでて、治りも遅くなります。

体内時計を合わせる役割をしているのは太陽の光です。

目の網膜からのびた視神経が、太陽の光を感じ、
それが脳の視交叉上核というところに届くことで、体内時計がリセットされます。

体内時計にあわせた服薬で病気を防ぐ?

今回、受賞が決定した3人の科学者は、X染色体の一定領域の中に
「概日リズム」に関わる遺伝子があることと、
概日リズムの抑制に関わるもう一つの遺伝子を発見しました。

そして、この研究チームでは、体内リズムに基づいて
最適な服薬時間を確立するなど、新しい治療法の研究に取り組んでいるのだそうです。

たとえば、朝方に急性心筋梗塞が多いのは、起床後、血圧が急に上昇するからで、
胃酸の分泌が多い夜には、胃潰瘍を発症しやすい傾向にあります。

そのような体内時計を利用して、薬を飲むタイミングを工夫すれば、
薬の効果が高まるかも知れないのです。

どうせ薬を飲むのなら、最も効果的な時間に飲みたいですよね。

また、睡眠にも効果的なパターンがあるのではないかと、研究が進んでいるそうです。

体内の不思議が、一つ一つ解明されていくのは凄いことですよね。

※体内時計の乱れを防ぐためにも効果的な光で起こしてくれる目覚まし時計も注目されています。
 光目覚まし時計inti SQUARE(インティ スクエア)とは?