睡眠不足から肥満になるってホント? | 自律神経失調症を知って諦めない - すこやかに過ごす

睡眠不足から肥満になるってホント?

質の良い睡眠をとらないと、睡眠不足でボーっとするだけでは収まらなく、
生活習慣病にもつながってきます。

そして、意外に思うかも知れませんが、肥満にもつながることがあります。

睡眠不足が肥満を招く原因って?

睡眠不足により、食欲を抑えるホルモンの分泌が減少して、
食欲を高めるホルモンの分泌がUPするからなのです。

ストレスが溜まると、食べても食べても食べたくなるような
異常な食欲になった経験はありませんか?

そんな時は、レプチンというホルモンの分泌が減少しているのかも知れません。

レプチンには食欲を抑える働きがあります。

別名、「抱擁ホルモン」と言われていて、
抱きしめられ安心して幸せを感じた時に高まるホルモンです。

ストレスが溜まると言うことは、安心や幸せとは少し遠い状態になっているので
レプチンの分泌が減少しているのですね。

そして、逆に食欲と関係するグレリンというホルモンの分泌がUPします。
グレリンは食欲を高めるホルモンです

食欲を高めるホルモンの分泌がUPし、食欲を抑えるホルモンの分泌が高まれば、
もう食欲は止まらない状態になるって分かりますね。

その高まった食欲は、昼間だけならまだ良いのですが、
夜に食欲が高まり、欲望に負けて食べてしまうと、
ビーマル1」という時計遺伝子が働いて、
食べたものを脂肪として蓄えようとします

そのため、夜になっても食べ続けると
食べたものがドンドン脂肪になる可能性があるのです。

脂肪が溜まると生活習慣病の危険もUPします。

睡眠不足で辛い思いをして、更に肥満や生活習慣病を招く危険があるなんて悲しいですよね。

では、質の良い睡眠のためにはどうすれば良いのでしょうか?

質の良い睡眠のための昼間の過ごし方

質の良い睡眠のためには、日中の過ごし方も大事です。

日中は、どうやって過ごそうと夜になったら眠れるんだと思ったあなたは、
無意識に、とても良い昼の過ごし方をしているのかも知れません。

寝るために日中の過ごし方が重要とはなぜだと思いますか?

会社や学校がお休みの日に昼まで寝ていて、その後も一日中ボーっとして過ごしていたら
夜になっても眠くならなかったという経験はありませんか?

また、眠ったとしても、翌日はなんとなくスッキリしないってこと
ありませんか?

単に、よく眠ったとか眠らなかったということよりも、
あなたの体内時計が乱れてしまったことが原因です

体内時計を乱さないためには、

毎日、決まった時間に起きる。

太陽の光を浴びる。

適度な運動をする。

食事は腹八分目を心掛け、栄養バランスを考えて食べる。

など、ちょっとの努力でできることばかりです。

質の良い睡眠のために昼間から意識して過ごしませんか?

★体内時計を乱さないためにも、毎日気持ちよく目覚めませんか?
それを助けてくれるものとは?
>>光目覚まし時計inti SQUARE(インティ スクエア)

ももあに相談する

>>ももあへのお問い合わせはこちら
 ※原則、48時間以内にお返事します。お気軽にどうぞ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする