心療内科と精神科は何が違うの? | 自律神経失調症を知って諦めない - すこやかに過ごす

心療内科と精神科は何が違うの?

心が病気になったと思った時には、専門医の診察を受けることが大切ですが、
どこの病院、何科にかかったらいいのか迷うことがあると思います。

あなたも聞いたことがあると思いますが、
専門に診察してくれる科には「心療内科」や「精神科」があります。

どっちの科も同じように感じますが、どちらを受診したほうが良いのかは、
病状によって若干変わってきます。

では、2つの科の違いについて考えてみます。

心療内科はどんな科なの?

心療内科は、ストレスなどによって体に不調があらわれたときに、
その不快な症状を治療する
科です。

例えば、あなたが、動悸や息切れが激しく、体が疲れやすい症状があった場合、
内科を受診すると、内科では心電図などの検査や診察により、
症状の原因を探し、症状を抑える薬を出して解決してくれます。

でも、仕事でうまくいかず、将来が不安で仕方ないと悩んでいて、
そのために、動悸などの症状が出ていたとしたら、
その場合は、あなたの心理状態や社会的背景を知ることが重要になります。

心療内科では、このように、心理状態や社会要因によりあらわれた
体の症状
を対象としています。

心身症や摂食障害など身体的な不調の症状をメインに診察します。

精神科とは?

精神科は、脳機能障害によって日常生活に支障がでるようになった病気を治療する科です。

認知症やてんかん、幻覚、幻聴、妄想など精神の症状や疾患を治療します。

ストレスも脳に影響が与えられ、気分障害や抑うつなどの症状がある場合も精神科です。

精神科では精神的な不調の症状をメインに、
精神的な不調にともなっておこる身体的な不調の症状の改善
もしていきます。

また、心療内科、精神科と間違いやすいのが「神経内科」です。

神経内科は、脳梗塞やパーキンソン病など神経の病気を治療する科で、
心の不調を訴えても治療できないことがほとんどです。

精神科と心療内科どちらを選べばいいの?

心が不調で身体に異常が起きている時には、まず、
他の病気がないことを確認してください。

その上で、体の不調が大きく出ている場合は心療内科。

精神的な不調が多い場合は精神科を受診すると良いでしょう。

病院の看板に、「心療内科・精神科」と掲げられていたら、
担当医師が精神保健指定医かどうか確認してみましょう。

精神保健指定医は、精神保健及び精神障害者福祉に関する法律第18条に定める、
医師の国家資格を持った医師です。

精神保健指定医がいるということは、精神科を担当している先生がいるんだなと分かります。

でも、心療内科でも精神科でも、それほどこだわらず、
自分が信頼できる先生を選ぶのが一番です。

ここだ!と思ったら、医療機関に電話で確認してみましょう。

電話受付の人の対応で、その病院の様子がある程度分かります。

電話に出た人と実際に診察を受ける時の先生は違いますが、
面倒がらずに対応してくれた、声が優しかったなどの材料が揃って診察を受けるのと、
知らずに受けるのとでは、安心感が違います。

私も病院を決める時には、電話で確認しました。
電話口で、凄く長く説明して教えてもらった覚えがあります。

とても親切で、そんなに困っているのならと、早期に予約をとってくれて、
通院することになった場合でも、通える範囲内なのか、
診察時間は大丈夫なのかと聞いてくれて、ここなら大丈夫だと安心できました。

自分の困っている症状を受け止めて
解決に導いてくれる姿勢をもった先生と出会いたいですね。

まずは、検査で他の病気が隠れていないことを確認してから、
受診を希望する医療機関に電話で問い合わせをしてみましょう。

あなたが納得できる医療機関または医師に出会えますように。

>>おすすめ記事一覧