幸せホルモンのセロトニンって何?不足するとどうなるの? | 自律神経失調症を知って諦めない - すこやかに過ごす

幸せホルモンのセロトニンって何?不足するとどうなるの?

「何となく気分が浮かない」そんな状態の時は、
セロトニンが不足しているのかも知れません。

セロトニンって何?

セロトニンとは、脳内の神経伝達物質のひとつで、
幸せホルモン」とも言われ、精神を安定させるので、
心を穏やかに前向きにする働きがあります。

逆にセロトニンが不足すると、精神が不安定になり、
感情のコントロールも難しくなりますので、パニック状態やうつ病になりやすくなります。

脳内の神経伝達物質には、セロトニンの他にノルアドレナリン、ドーパミンがあり、

三大神経伝達物質と呼ばれています。

神経伝達物質は、さまざまな情報を脳内に伝達していく伝達物質で、

一つの神経から出された伝達物質を、次の神経が受け取り、

それを、次の神経に渡して伝えています。

セロトニンはセロトニン神経から作られます。

セロトニンは指揮者?

セロトニンは、ノルアドレナリンとドーパミンの働きなどをコントロールする
重要な役割を受け持っています。

合唱の指揮者のような感じでしょうかね。

このセロトニンが不足して、三大神経伝達物質のバランスが崩れると、
自律神経のバランスも乱れるため、「何となく気分が浮かない」状態になってしまうのです。

ということは、セロトニンをたくさん分泌すれば、精神を安定させ、

やる気もおこってくるということです。

でも、「やるぞ!」とばかりに、出てきた神経伝達物質は、
使われないと、元の場所に戻っていってしまいます。

たくさん作っておいて、徐々に使っていくことも、
作りだめをすることもできません。

なので、必要な分だけ分泌できるようにしておくことが大切です。

セロトニンの分泌を促す簡単な方法

太陽の光を浴びる

太陽の光を浴びることにより、セロトニン神経は活性化されます。
夏は1日15分。冬は30分間、浴びると良いようです。

>>太陽の光の効果

ウォーキングなどのリズム運動をする

朝の光を浴びながら散歩すれば、
太陽の光を浴びてリズム運動もできて一石二鳥です。

深呼吸をする

慌てた時や、緊張した時などに、深呼吸していませんか?

身体は無意識に心を落ち着かせる方法を知っているんですね。

以上、3点の方法は簡単に取り入れられると思います。

他にも食事に気をつけるなど、

工夫して心穏やかに、元気ハツラツと過ごしたいですよね。

☆セロトニンの分泌には睡眠も重要です。
よろしければ、下記の記事も合わせてお読みください。

>>質の良い睡眠をとるには?