自律神経はどこにある?自律神経の働きとは? | 自律神経失調症を知って諦めない - すこやかに過ごす

自律神経はどこにある?自律神経の働きとは?

あなたの脳の中でのさまざまな情報は、脳から神経細胞に伝わり、
その神経細胞が連なって作られている神経を通して体の各器官への指令を伝えています。

この神経には、「中枢神経」と「末梢神経」の2つのネットワークに分かれています。

脳と脊髄で構成されているのが「中枢神経」。

体の隅々まで分布され、各部位をつないでいる神経を「末梢神経」といい、
自律神経は「末梢神経の」中にあります。

末梢神経

末梢神経は脳神経と脊髄神経からなり、神経線維を通じて様々な情報交換を行っています。

末梢神経の中でも、働きかたの違いにより、「体性神経」と「自律神経」に分かれています。

体性神経

体性神経は、自分の意思で体を動かすための神経で、
更に、「感覚神経」と「運動神経」に分かれています。

「感覚神経」は見たり聞いたりした情報や、
熱い・冷たいなどの感覚の情報を脳に送っています。

「運動神経」は、脳からの手や足を動かすなどの指令を各器官に伝えて、
その働きを管理しています。

つまり、あなたが自分の意思で、情報を感じ、体を動かしているのは、
体性神経の働きによるものです。

自律神経

自律神経は、体性神経とは違って、自分の意思とは関係なく働いて、
あなたの臓器や器官を調整しています。

自律神経には「交感神経」と「副交感神経」の2つがあり、
交感神経は活動的な働きを担当し、
副交感神経はエネルギーを抑えてリラックスさせる働きを担当しています。

交感神経と副交感神経は、反対の作用をおこなうことで、
体全体のバランスをとっています

では、自律神経は具体的にどんな働きをしているのでしょう。

自律神経の器官での主な働き

たとえば、暑くなると汗をかくのはなぜでしょう?

それは、自律神経が発汗をうながして、
体温が上がりすぎないように調整しているからです。

逆に、寒い時にブルブルッと震えて鳥肌が立つことがあると思いますが、
寒いと感じると毛穴を閉じて、熱の放出を少なく抑えようとするのです。

また、睡眠中はエネルギーを消費しないように代謝が下がります。
この時、血圧や心拍を下げるように脳から指令がでますが、
自律神経は生命を維持しながら、体が休めるようにしています。

おもな体の器官における自律神経の働きは以下の通りです。

器官 交感神経 副交感神経
瞳孔 拡大する 収縮する
脳血管 拡張する 収縮する
心拍 増加する 減少する
血圧 上昇する 下降する
副腎 分泌亢進 分泌安定
皮膚 収縮する 拡張する
消化管 活動低下 活動亢進
活動低下 活動亢進
末梢神経 収縮する 拡張する
生殖系 興奮する 弛緩する

交感神経は急な変化にも対応し体を動かすために、心臓を活発にするなど、
生命維持のために各器官を働かせます。

一方、副交感神経はリラックスさせるために働くので、
末梢神経などが拡張して、手足を温めたり、
胃液や唾液の分泌を高めたりして、食べ物を消化しやすくしています。

この自律神経のバランスをとっているのが、脳の中枢にある視床下部という部分で、
あなたの体を様々な刺激(ストレッサー)から守っています

そして、交感神経と副交感神経の働きが乱れた時に、
様々な不快な症状がでてくるのです。

(参考記事)>>ストレスから不快な症状がでるのはなぜ?

自律神経のバランスが乱れておこる症状にはどのような特徴があるのでしょうか?
こちらでお話していますので、合わせてごらんください。
>>自律神経失調症の特徴とタイプ