ストレッサーとは?ストレスと違うの? | 自律神経失調症を知って諦めない - すこやかに過ごす

ストレッサーとは?ストレスと違うの?

ストレスが溜まっているとか、ストレスでイライラするとか言いますが、
ストレスって一体なんでしょう?

ストレスについて一緒に考えてみましょう。

つぶされたボールを想像してみてください

ストレス状態を引き起こす基となる要因をストレッサーといいます。

たとえば、ボールを手で押した状態を想像してみてください。

サッカーボールのような硬いボールではなく、
ゴムボールのようなボールですよ。

強い力で押すと、ボールがゆがんで潰れたようになりますよね。

その潰れたようなボールがストレス状態で、
ボールを押している手がストレッサーです。

そのボールを、あなたの身体の状態と考えると、
そんな潰れた状態にしてしまうストレッサーは恐ろしいですね。

自分はサッカーボールのように力を入れられても潰れないと自信がある人は
心配ないのでしょうが、人間の心身状態って、そんな硬いものではないのです。

では、ストレスを引き起こすストレッサーにはどんな種類があるのでしょう。

ストレッサーの種類

ストレッサーは、大きく分けると外から受ける外的な要因と
自分の心が感じる内的な要因に分けられ、その中でもさらに分類できます。

〇外的ストレッサー
 ・物理的ストレッサー
 ・社会的ストレッサー

〇内的ストレッサー
 ・心理的・情緒的ストレッサー
 ・生理的・身体的ストレッサー

それぞれの内容について説明します。

外的ストレッサーとは

外的ストレッサーの中でも、物理的な要因と社会的な要因に分けられます。

物理的ストレッサーは、季節の変化による気温差や湿度
また、騒音など生活環境の変化などです。

そんなことが、ストレッサーになるのかと思いませんか?

でも、湿度の多い部屋や暑すぎたり寒すぎたりした部屋の中にいると、
イライラして集中力がなくなりませんか。

この状態は、確実にストレスがかかった状態ですよね。

ちなみに、我が家の前で道路拡張工事をしていた時期があり、
騒音及び臭いがキツイ日々が続いたことがあります。
この期間は自宅にいても心休まらず、激しいストレス状態が続いていました。
短時間に少しの騒音なら我慢できても、それが長く続くと強いストレッサーとなるのです。

社会的ストレッサーとは、経済情勢の変化や人間関係などです。
人間関係に悩まずに生活していける人がいるのなら見習いたいです。

他には、引越しなどによる環境の変化などが要因となります。

引越しは自ら進んで行う場合が多く、環境が変わって心機一転。
気持ちも新たになりそうなのに、それがストレスになるって不思議ですよね。

でも、環境が変わるという事は、どこかに出かける時など、
今までとは違うルートを通って、今までとは違う時間の電車に乗らなければいけないとか、
買い物なども勝手が違ったりして、微妙な違いがストレッサーとなり、
積み重なると大きなストレッサーとしてのしかかってくるのです。

社会的ストレッサーは生きていく上で避けられないことで、
あなたの身体にとって、最も大きなストレッサーとなるのです。

内的ストレッサーとは

内的ストレッサーは自分で原因を作ってしまうことが多くあります。

心理的・情緒的ストレッサーは、不安や悩み、怒りや憎しみ、緊張などです。

身体的・生理的ストレッサーは、運動不足や睡眠不足、過食、拒食、過労などです。

内的ストレッサーは自分で気をつければ避けられそうな要因ですね。

生きていると、いろんなことが起こりますよね。
さまざまなことがストレッサーになり、常にストレスにさらされていることになります。

では、ストレッサーが過剰になったとき、あなたの身体はどうなってしまうのでしょうか。
よろしければ、次の記事もご参照ください。

>>ストレス状態と体調不良

ももあに相談する

>>ももあへのお問い合わせはこちら
 ※原則、48時間以内にお返事します。お気軽にどうぞ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする