整体師直伝!自分に合った枕の高さの見つけ方 | 自律神経失調症を知って諦めない - すこやかに過ごす

整体師直伝!自分に合った枕の高さの見つけ方

あなたは、首を上に向けた時と下に向けた時、
どちらが、気持ちが良いと感じますか?

私は上。ボクは下。

と人によって違いがあるのは当然ですが、
自分の体調や身体の調子によっても、
上向きが良い日や下向きが良い日の違いがあるって知っていましたか?

そして、それが、枕を選ぶ時の基準にもなるのだと
整体の先生に教えてもらいました。

何を基準にして枕を選んでいますか?

あなたが使っている枕は、何を基準にして選びましたか?

テレビで良いと言っていた

バーゲンだったから

可愛かったから

など、いろいろ理由はあると思います。

「睡眠は枕から」などと言った、キャッチフレーズも目に付く事がありますから、
質の良い睡眠を心がけているあなたは、きっと枕選びも慎重にされたのではないでしょうか。

でも、そうやって厳選した枕でも、日によって合わなく感じることがありませんか?

そんな日は、身体バランスが崩れて首が疲れているのかも知れません。

間違って記憶されます

重いものを片手だけで持つ姿勢を長時間続けていた時、
なんとなく、身体のバランスがおかしく感じたことありませんか?

はい!バランスが崩れている可能性があります。

通常ならば、自分でバランスを治そうと自然治癒力が働きますが、
バランスの崩れた状態が長期間続いた場合や、
過度なストレスがかかった場合など、自然治癒力が落ちてしまいます。

そうなると、バランスが崩れたまま、戻りにくくなってしまうのです。

そして、その状態を放置しておくと、崩れたバランスで身体が覚えて
崩れた状態を正常な状態をみなしてしまいます。

でも、本来の真っ直ぐな姿勢ではないのですから、
背骨や首が曲がった状態が続くことによって
首こりや肩こりの原因にもなります。

こんなふうに、身体の状態は一時的に変わっています。

その都度、自分に合うものを探さなければいけません。

枕と自分の身体を見直してみましょう

せっかく選んだ枕が、すぐに合わなくなったってこと?

と、ガッカリしないでください。

その都度、見直せばいいのです。

その基準が、前述した首の向きの違いでの気持ちよさ。

上を向いたときのほうが気持ちいいと感じるのであれば、
その状態に頭を向かせればいいのです。

と言うことは、低めの枕が合います。

反対に、下を向いた時のほうが気持ちいいと感じるのであれば、
高めの枕が合います。

でも、いつもよりも極端に高めの枕を使うと、
変に首の力が入ってしまい、頚椎を痛めたり寝違いの原因になることもあるので
注意が必要です。

じゃあ、どうすればいいの?って思ったあなた。

そんな場合は眠る前に短時間だけ高い枕を使う。

または、首まわりのストレッチが有効です。

そのストレッチで首の疲れが緩和されて、

いつもの枕で眠っても違和感が無くなるかもしれません。

難しいストレッチではなく、簡単に首を左右や上下に伸ばすだけでも
大丈夫です。

その場合、伸ばしている部分を意識することが重要です。

私は通常、バスタオルを重ねた枕を使っているのですが、
日によって枕が合わないと感じることがあります。

そんな夜は、自然に身体が高い枕を探しています。

合わない枕を使い続けるよりも、その日の身体の状態によって
枕を変えて、質の良い睡眠をとりましょう。

★私が枕の高さがしっくりこないと感じた時にも効果を発揮しているプログラムがあります。
よろしければ、詳細をご覧ください。
>>自律神経失調症を自宅で改善できるプログラムの詳細

★睡眠の質が良いとどうなるの?と思ったあなたは、こちらをご参考に。

>>睡眠の質を上げると良いことは?

ももあに相談する

>>ももあへのお問い合わせはこちら
 ※原則、48時間以内にお返事します。お気軽にどうぞ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする