傷病手当金とは?どんな時に支給されるの? | 自律神経失調症を知って諦めない - すこやかに過ごす

傷病手当金とは?どんな時に支給されるの?

病気になってに会社を休まなければいけなくなった場合、
医療費の心配と同時に、会社を休職している間の生活費が心配になります。

短期間であれば、有給休暇や貯蓄で何とかなるかも知れませんが、
それも長く続くと無くなってしまいます。

会社にお勤めで、健康保険などの公的保険に加入している場合
傷病手当金」が受給できることがあります。

この制度は、病気やけがのために会社を休んだ日が、
連続して4日以上あった場合、休業した4日目以降の休業した日に対して、
賃金の一部が傷病手当金として支給されます。

傷病手当金の受給要件

傷病手当金は、休業した場合にすぐに支払われる訳ではありません。

支給要件は以下の通りです。

1.業務外の病気やけがで労務不能であること

業務中や業務に関係ない病気やけがでの休業に限られます。

業務上や通勤時の災害などによる怪我や病気は労災保険の給付対象となります。

また、美容整形などでの休業など、病気と見なされないものは支給対象外です。

2.医師の証明があること

健康保険の給付を受けた治療だけではなく、
自費で受けた治療での休業でも
医師の証明があれば対象となります。

3.療養のために4日以上連続欠勤している、または欠勤したこと

業務外の事由による病気や怪我のために欠勤した日から連続して3日間の後、
4日目以降の仕事に就けなかった期間が傷病手当金の支給期間になります。

最初の3日間は、有給休暇でも良く、土日・祝日等の公休日も含まれます

4.休んだ期間について傷病手当金の額より多い給料の支払いを受けていないこと

連続して休業した4日目以降に
会社からお給料などの支払いがあった日に関しては傷病手当金の支給はありません。

ただし、給与の支払いを受けても、傷病手当金の額よりも少ない場合は、
その差額が支給されます。

また、同一の傷病により障害厚生年金を受けている場合などには、
傷病手当金は支給されません。

支給される傷病手当金の額は?

傷病手当金の支給額は一日につき標準報酬日額の3分の2に相当する額です。

標準報酬日額は、原則、4月・5月・6月の収入を基にした
平均の月額から標準報酬月額が決定され、
その標準報酬月額の30分の1に相当する額(10円未満四捨五入)です。

ただし、次の見直しまでの間に大幅な昇給などがあった場合には、
年の途中でも、標準報酬月額の見直しが行われます。

傷病手当金の支給期間は?

傷病手当金の支給期間は、支給を開始した日から数えて1年6か月です。

支給開始後に退職しても、手続き時に健康保険に1年以上加入していて、
退職日に休業していた場合は、他の要件を満たしていた場合は、
支給期間の1年6か月以内ならば、そのまま給付を受けることができます。

ただし、1年6か月の間に仕事に就ける状態になり、
その後再び就業できない状態になったとしても傷病手当金は支給されません。

参考:厚生労働省「病気で仕事ができないときの保障制度

傷病手当金制度は良いことばかりではありません

傷病手当金制度は、とても助かる公的制度ですが、
自動的に支給はされず、自分で申請しなければいけません

それに、残念ながら、国民年金保険に加入している人にはありません。

また、長期に渡って休業しなければいけなくなって、
後で、傷病手当金の申請をするので生活の心配は少なくなるとは思っていても、
理解ある上司や会社ばかりではありません。

傷病手当金を受給したばかりに会社から退職に追い込まれるという
事態になることもあるかも知れません。

そんな嫌がらせのようなことは許されないんですけどね。

私が自律神経失調症で2週間休業した時は、

「戻ってきてもらって社内は何も変わらないので、
あなたの状態も同じになるので、戻ってきてもらっても…」

と言われ、戻るところはありませんでした。そのまま自己都合での退職です。

何も好きで病気になるわけではないけれど、
できるなら、傷病手当金の申請をすることなく、元気で働いていきたいですね。

このブログでは、健康に生活するためのヒントをお話ししています。
よろしければ、ぜひご覧ください。

>>健康に関する記事一覧

ももあに相談する

>>ももあへのお問い合わせはこちら
 ※原則、48時間以内にお返事します。お気軽にどうぞ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする